男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

【離婚時の財産分与】不動産(持ち家のローン)編

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

おかげさまでサイト開設から1年以上が経ち、離婚問題で悩む方や離婚経験者の方から沢山のお問い合わせをいただくようになりました。

最近、非常にお問い合わせの多い問題として「離婚時の財産分与」(特に住宅関係の財産分与に関する)がありますので、特に住宅の財産分与について自分の経験を踏まえて書かせていただきます。

離婚時の財産分与の基本となる考え方

離婚時には結婚生活を営んできた期間に夫婦が共同で築き上げた財産については、貢献度に応じて平等に分割するのが原則となりますが、実際には夫婦間の合意に基づいて決められるケースが多く、どうしても折り合わない場合は、調停や裁判といった法的手段により第三者に決めてもらうしかありません。

判例では財産形成に対する夫婦それおれの寄与度によって決まるとの考え方を取っていますが、収入額のみではなく家事労働も評価し、夫婦の分与割合を原則2分の1として認める傾向にあります。

難しいのは住宅や自動車など金銭以外の所有物

【離婚時の財産分与】持ち家のローン編

財産分与において、預貯金や現金は、財分与割合さえ決まればそのまま分けられますが、それ以外のものは、現金に換算して価値を評価する必要があります。

特に揉めるのが、住宅などの不動産です。売却してお金で分けるのがすっきりするのですが、どちらかが住み続ける場合が多く、譲渡する側には譲渡所得税がかかり、受け取る側には名義変更時に登録免許税がかかるなど税金の問題もあります。

またローンが残っている場合には、売却してローンが返済できれば残額を分配すればよいですが、売却価格がローン残高を下回るケースもあり、その場合には財産分与の対象にしないケースもあります。

管理人マナブのケース

僕の場合は、僕の名義で住宅ローンを組んで、妻と共同名義で戸建てマイホームを購入していたので、離婚後に誰が住み、誰の名義にするのか、残ったローンを誰が返すのかなどが争点となりました。

話し合いの結果、妻と子どもが住むので、残ったローンは妻が返し、名義は妻のみとする(僕の名前を外す)という結論になりましたが、これまで僕の名義で組んでいたローンを妻の名義に書き換えるのに銀行側がすぐには了承しませんでした。

最終的には僕は保証人無しでローンを組んでいたのですが、妻名義のローンに書き換える際に妻のお父さんに保証人になってもらうことで、銀行内の承認が下り、財産分与に関する検討開始から3ヶ月程度かかったものの財産分与の手続きが完了しました。

離婚を決めた時点で既に元妻との信頼関係が崩れており、数百万円あったはずの共通貯金もキャッシュカードと通帳を元妻に預けていたため、全て勝手に引き出されていました。

ですので、住宅についても、「住宅の名義からは自分が外れたのに、住宅ローンだけが残る」という状態にならないよう、弁護士にも相談し、慎重に手続きを行いました。無事に手続きが終わった時は安堵からか、疲れて14時間連続で寝てしまったほどです。やはり金額の大きい不動産の財産分与は精神的に相当なストレスがかかることを実感しました。

マナブの知人のケース

僕の周りの離婚経験者でも財産分与で揉めたり、離婚後に苦労したりするのはほとんどが不動産に関することです。

「住宅ローンは自分名義で払い続け、マイホームに住むのは元妻と子ども」というバツイチ男性の知り合いは、住宅ローンと自分の住むマンションの家賃の合計が30万円を超え、とても苦労しています。

また、別のバツイチ男性の知り合いは、財産分与のために、住宅を売却したものの、仲介した不動産業者が悪徳で、想定よりも売却額が下がってしまい、その分をどちらが補填するかで元妻と相当揉め、結局協議離婚の予定が裁判離婚となり、弁護士費用と売却ロスの補填で相当にお金がかかったそうです。

信頼関係の崩れた相手と、大きな金額の財産について分け合う交渉をするのは、非常にストレスを感じるものであり、揉めると多額の訴訟費用がかかるリスクがあるので、お悩みの方は早めに弁護士などの専門家に相談されることをお薦めします。

最近では弁護士費用保険という弁護士費用や弁護士相談料を負担してくれる単独型保険もありますので、これから財産分与も含めた様々なことで弁護士を利用する可能性ありそうな方は加入しておくと安心できると思います。

長文最後までお読みいただきありがとうございました。

マナブ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

<管理人の離婚体験談目次>

元妻との出会いと結婚

結婚生活後のすれ違い

離婚を決めた理由

離婚の手続き

離婚当日とその後

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)