男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

お金にルーズだった妻(29歳で離婚)

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

※この記事は20代で離婚経験のある男性に寄稿して頂いた記事です。

結婚:23歳
離婚:29歳

周りの友人も若く結婚する人が多い地域で育った私は、
やはり周りの影響か23歳で結婚しました。
男性は若くて18歳、女性は16歳で結婚した友人もざらにいた中で、
23歳での結婚はそんなにも早くないという認識でいましたが、
今思えばやはり少し早かったと思います。

高校を卒業して定職にも就かず、
海外へ行ったりアルバイト生活をしたりと自由に過ごしていた私は、
19歳からバーテンダーをやっていました。

そのお店で出会ったのが、元妻でした。
当時付き合っていて婚約もしていた私ですが、ある日その彼女に振られ、
自暴自棄になっているところに、元妻が客として来るようになり、
勢いで付き合い、交際から1年で結婚しました。

結婚を決めた理由は恥ずかしい話ですが、できちゃった婚に近い形でした。
それでも最初は仲良く暮らしており、結婚から2年で子供を授かりました。

お金にルーズだった元妻

付き合っていた当時から元妻は少しお金にルーズな所があり、
例えば、元妻が前に付き合っていた彼氏にクレジットカードを渡していて、
知らない間に結構な額が使われていたという事がありました。

結婚当時、共働きで2人の収入は割とあり、私の収入だけで充分生活でき、
元妻の分は全部貯金に回せるくらいでしたが、管理は全てまかせていた私は、
結局後になったら1円も残っていない状況でした。

妻の浪費癖がエスカレート

妻のパチンコでの借金
それから何年か経ち、私はある女性と出会い、頻繁に会うようになりましたが、
最初は家庭を捨てるつもりはありませんでした。

それからも元妻の浪費癖はエスカレートしていき、
その頃には私は転職していてかなりの収入減でしたが、
ほぞぼそと生活できるレベルでしたが、
元妻は、ブランドものの洋服や高価な装飾品、
高額なネットビジネスの商品をカードで次から次に購入
し、
ついには、離婚を決意せざるを得ませんでした。

離婚成立までの苦労

元妻は、私のせいとばかりに、慰謝料を要求し、財産分与も要求。
当然そんなお金は無いので、知り合いになんとか頼み込んで借りました。
150万借りましたが、車も渡し、電化製品も渡し、結局トータルで200万強位かかった計算になります。

離婚協議で、子供の養育費や親権等を決め、役所に提出しました。
文章で書くとスムーズに事が運んだように聞こえますが、
1悶着も2悶着もありやっとの事で離婚が成立しました。

離婚して良かったこと

結婚していたころは生活優先なので、
自分のお小遣いは月8000円位しかありませんでしたが、
離婚してからは人並みに使えるようになったのが良かったと感じました。
離婚して辛かったのは、やはり子供の事を思うと不憫な思いをさせているのが、今でも辛いです。
今思えば20代のうちに離婚したのは正解だと思っています。
なぜならお互いまた次の良い縁に恵まれる可能性も高くなるからです。

昔の人に言わせれば我慢が足りないとか言われますが、
近年では熟年離婚する夫婦も多いことからもわかるように、
ずっと我慢をしていても、いつかは我慢も限界を向かえ、ついには爆発してしまいます。

相和と相敬

結婚は決してお互いが我慢して一緒に生活するものではありません。
相和し相敬し、お互い尊敬しあい、お互いが和をもって
共に生活する事が結婚だといえると思います。
子どもが居て離婚を考えている人は、子供の事を最優先に考えてあげてください。
子供が居ない人は我慢して一緒に居る必要は無いと思いますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)