男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

すれ違い生活と相手への感情(28歳で離婚)

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

※この記事は20代で離婚経験のある男性に寄稿して頂いた記事です。

私は20代のころ離婚歴があります。
職場が同じだっだことで元妻とは出会いました。
二人で一つのプロジェクトをする機会が多くなり、
いつの間にか付き合っていて特にプロポーズすることもなく自然に結婚までしていました。

職場が変わり、すれ違い生活に一変

結婚後はお互いの職場が変わり、仕事で顔を合わせることは一切なくなりました。
それでも生活する時間帯が同じ状態のころは上手くいっていました。
ところが私は仕事の都合上、夜勤をすることが多くなり、
次第に元妻の寝顔しかみることが出来なくなりました。

そうなると夫婦間にはすれ違いによる意思の疎通ができなくなり、親しみさえなくなります。
私の場合も決して例外ではなくて、相手に関する感情が希薄なってきたのか、
元妻に対して他人と同じような感覚になってきていました。
それは元妻も同じように感じていたそうです。

色々と話し合ってみる

そこで夫婦関係の修復に向けて、色々と話し合いをしてみました。
しかし一度希薄になった感情は元には戻らないようです。
元々、大恋愛の末に結婚したわけではないので、
最初からそのような感情があったのか今では覚えていないほどです。
そのため話し合いによる修復はできず、
話が纏まらなかった時点でお互いに離婚を決断しました。

離婚の手続き自体は非常にスムーズでした。
子供がいなかったし、お互いに働いていたため生計は独立していました。
そのため金銭面での問題は全くありませんでした。
問題になったのが私物をどちらが引き取るかですが、
私は結婚生活で使用していた物はあまり使いたくなかったので全て元妻に渡しました。

離婚して良かったこと

離婚後の感想として相手には失礼ですが、
非常に気楽になったと言うのが正直なところです。
離婚直前において元妻はもはや他人同然でした。
そのため見ず知らずの人と同居しているようなもので、妙な所に気を使う生活でした。
それから解放されたことを考えると、とても良かったと感じています。

社内に広がる離婚の噂

もちろん離婚によるデメリットもあります。
それは元妻と同じ会社に勤めている関係上、
どうしても噂が広がってしまうということです。
これは離婚の話し合いをする上でも議論になったことですが、
結局は噂されることを承知しながらも離婚を決行しました。
しかし噂は私達の想定を超えて広がっていたようです。
直接私の耳に入ってくることはないのですが、
しばらく間は噂の中心になっていたと後から知りました。

しかし会社で噂をされても、早いうちに離婚したのは良かったと思っています。
私の場合は20代での出来事だったため、まだまだ先があると自覚していました。
離婚を先延ばししては先の可能性が少なくなります。
結果としてその後の出会いは多くあって、理想の女性に巡り合えました。

未来への可能性を考える

これから離婚を考えている人も決断は早い方がいいと思います。
それだけ未来への可能性が増えることになるからです。
私の場合は子供がいなかったことや、
金銭面での問題がなかったため比較的ハードルが低かったのかもしれませんが、
それでも決断するまでは時間を要しました。
金銭や子供の都合がある人も多いと思いますが、
長引かせることは解決にならないと思います。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)