男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

フィリピン人と国際結婚|離婚の理由は妻のお金遣い

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

結婚した時の年齢:32歳
離婚した時の年齢:36歳

元妻との出会いから結婚まで

フィリピン人の女性とお酒を呑んで話すことができるお店に通うのが楽しみでした。
よくいくお店で知り合ったフィリピーナと親しくなり、プライベートでも会うようになりました。

約1年間の交際を経て、結婚することになりました。
彼女は非常に優しく細かいことにも気が付き、妻としても将来的には母親としても最高な女性だと確信していたからです。

私の両親は国際結婚を反対していたのですが、私が彼女を紹介してみると、彼女の人柄を知って結婚を了承してもらうことができました。
両親の許可がおり、いっきに結婚までのスピードが速くなりました。

フィリピンから彼女の母親だけが来日し、家族同士で会うことになりました。
彼女の父は彼女が小さい頃に蒸発してしまったみたいです。
家族同士の顔合わせも終わり、結婚式も無事に済ませ、これから幸せな生活が始まると夢と理想で胸がいっぱいでした。

結婚してから見えてきた元妻の本性

しかし、結婚してみると彼女の悪い部分が驚くほどたくさん見えてきたのです。
とにかくお金にルーズで私にはお小遣いを1円もよこさずに全て自分で使ってしまうのです。
貯金をすることもできず、お酒かギャンブルに使ってしまうのです。
結婚前は、そんな雰囲気ではなかったのですが、本当に騙された・・・と後悔するようになったのです。

それでも、すぐに離婚とまでは考えず、なんとか彼女と仲良くやっていきたいとギリギリの限界まで頑張ることにしたのです。

将来への危機感を感じ離婚を決意

しかし、どうしてもお金にルーズなところと酒癖とギャンブル癖がなおらずに、このままでは私も巻き込まれて破産してしまう・・・将来的に子供が産まれてもその子は絶対に不幸になると思ったのです。

そして、ついに私の方から離婚して欲しいと彼女に告げたのです。

もちろん私にも自分では気付かない悪いところはたくさんあったと思うので、二人の責任で離婚をすることにしようと話し合いました。
驚いたのは、彼女は離婚の話を切り出してもまったく動揺することなく涙を見せたり怒りを見せたりすることもなく了承したのです。

元妻に私への愛などなかった

いったい何のために私と結婚したのだろう?と疑問に思いましたが、やはりお金が目当てだってのかと思っています。

離婚成立までの道のりは意外に簡単であっさりとしたものでした。私も彼女も結婚していたことにまったく未練がなかったし、恐らく愛情もなかったのでしょう。
少なくとも私は彼女を愛していましたが、彼女が愛していたのは私じゃなくて私が働いて毎月振り込まれる給料だったのです。

離婚の際の手続き

子供もおらず親権でもめることもなかったので、弁護士を立てる必要もなく、本人同士の話し合いで、あっさりと離婚届けに印鑑が押されました。

まるで夢だったかのような、たった4年間の結婚生活でしたが、最後にもめることなくトラブルもなく離婚が成立したのが唯一良かったことです。

また、子供ができなかったことが何よりも救いです。
私はあっさりとバツイチになってしまいました。

財産分与と慰謝料

財産分与ですが、財産なんて彼女がすべて使い尽くしていたので、預金はほぼゼロでした。
さすがに彼女も慰謝料を私に請求してくることはありませんでした。
というか、4年分の給料をムダに使われた私の方が彼女に慰謝料を払ってもらいたいぐらいです。

しかし、そんなことを言えばトラブルの原因となるし、その時、既に私は彼女に対する愛情はゼロになっていたので、すぐに彼女とのつながりを消したかったのです。
だから、財産分与でも、1度ももめることはありませんでした。

離婚してよかったこと、辛いこと

離婚して1番辛かったことは結果的に愛していた女性に裏切られ騙されたという心の傷です。
彼女と結婚して良かったことは1つもありません。

もちろん、離婚したことを後悔するわけもなく、4年間も我慢せずにもっと早く離婚すれば良かったと思っているくらいです。

今国際離婚を考えている方に伝えたいこと

今、国際結婚をして離婚しようかどうか迷っている方は、冷静に考えた方が良いと思います。
やはりできることなら、離婚は考え直して国際結婚でも思いやりを持ち、支えあって結婚生活を続けた方が良いと思います。

お子様がいるなら尚更です。私もできることなら彼女と幸せに結婚生活を続けたかったと今でも思っています。
しかし、お金にルーズな部分は一生の問題となるし破産したら終わりなので離婚して正解だったと思っています。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

Comment

※コメントは承認制です。管理人以外の体験談の記事に対する人格否定のようなコメントは承認しませんので、予めご了承ください。
  1. Shin より:

    私もピナイと結婚した一人です。
    主にネット上で多くのピナイ(1000人超)と交流してきましたが、その99%くらいはお金目当てでした。
    残りの1%はかなりの変わり者だったり知恵遅れのようだったり。
    私がそれでもピナイとの結婚に踏み切ったのは、それ相当の理由があったからですが、一般的に彼らとの結婚には反対です。
    それは、このブログの筆者の体験が物語っています。

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)