男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

レス状態で離婚したいが子供のことを思うと踏み切れない

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

ご相談者:30代男性

今現在、妻との離婚を考えています。
結婚13年目、21歳の時、当時付き合っていた彼女(現在妻)とできちゃった婚しました。

その後、子供3人に恵まれ下の子が生まれるくらいの時期まではとてもいい夫婦関係でした。

私の仕事は全国を飛び回るいわゆる出張族で、家族の元へは月に1度帰れるかどうかです。子供が小さい時は一緒に飛び回っていたのですが、上の子が小学校に上がるタイミングで妻と子供は故郷へ帰しました。

今でも私が帰る時は子供たちは喜んでくれて、私もかわいい子供たちとの時間を大切にしています。

ただ、妻に関しては一切私に興味がなく、夫婦の会話も事務的な内容のみとなっています。
妻の変化に気付いたのは、単身赴任を初めて1年くらいしてからでした。

子供がいても、できるだけスキンシップを取るようにし、妻もそれに応えてくれていましたが、そのくらいの時期から遠まわしに拒否されるようになりました。

そのくらいからレス状態にもなり、今現在で約5年程度レス状態です。

一度、面と向かい妻と話し合いました。
私はまだ妻のことを想っていたので、夫婦仲良くしたいということを話しました。
妻からは、「そういうの重たいんだよね」とバッサリ。
この時、ギリギリつながっていた夫婦としての糸が切れたのかなと思います。
それ以降、夫婦生活については話していません。

また、子供の学校行事や私生活についても私が聞かないと教えてくれなくなりました。

妻は、私が単人赴任の仕事柄、3人の子供を育ててくれています。その感謝の気持ちは大きいです。
しかし、今の私の存在価値はお金を稼いでくれる人だけになってしまいました。

ある時、子供の将来について話したことがあり、妻は、「子供がみんな成人した後に私たち二人で一緒にいるって想像できる?」と言いました。
妻と、これからのことを面と向かって話したことはありませんが、この会話をしたときに妻も私と同じく離婚を考えているのかなと思いました。

離婚を考えた時に、やはり子供たちの事が一番に浮かびます。
何度も話を切り出そうとしましたが、その都度、子供たちの事を考えては、自分に言い聞かせながら踏みとどまってきました。

しかし、このまま我慢をしつづけ、子供たちの前では仮面夫婦を演じるのは妻にとっても、子供たちにとってもいずれ苦痛になるのかと思います。

ご相談としては、妻に最初に離婚の話を切り出す際、面と向かっての話し合いがよろしいでしょうか?
まずは、手紙で自分の今の思いを綴ることは逆効果になるでしょうか?

出来るだけ円満に話を進めたく、調停や裁判は望んでいません。
乱雑な文章になってしまい、誠に申し訳ありません。
お時間のある時にでも、返信頂けたらと思います。

本当は、月に一回で良いから、子供達とご飯に行けたらいいなと、願っております。

管理人の回答

はじめましてマナブです。
この度は辛いお悩みを勇気を持って打ち明けていただきありがとうございました。

単身赴任がきっかけで夫婦仲が冷め切ってしまう方はとても多いように感じますが、ご相談者様はお子様のことを第一に考えられていて、僕ととても考えが似ていて共感できます。

ご質問の離婚の切り出し方についてですが、面と向かってがいいのか、手紙がいいのかは相手の性格やタイプ、どのくらい離婚したがっているかにも寄ると思います。

関係が冷え切っていて、離婚する方向に持っていきたいという前提であれば基本的には対面で話すのが宜しいかと思います。

できるだけ穏やかに、子供のことを考えて離婚時期や離婚後の関係性について話せるのが理想ですが、なかなかうまくいかずストレスを抱えることもあると思います。僕も含め離婚の先輩たちはそこを乗り越えてきましたので、ご相談者様も頑張って下さい。

もしヨリを戻せる可能性があり、ご相談者様がそう望んでいるのであれば、手紙で思いを伝えて、感情に訴えるという手段も考えられますが、メールを読ませていただく限り、それは難しそうにも感じます。

一番避けなければいけないのは、単身赴任先から郵送で手紙で別れたいと伝えることです。その後そのまま子供に会えなくなってしまうリスクや、手紙を逆手に取って離婚後の条件が不利になることも考えられるかと思います。

以上、あくまで一離婚経験者の個人的な意見を述べさせていただきました。上記が参考になりましたら幸いです。

最後になりますが、離婚で悩んでいる時期は、ご自身の想像以上に心身ともにストレスがかかっていますので、どうかお身体を大切になさって下さい。

マナブ

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)