男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

両親から背負わさせた借金で生活が一変(26歳で離婚)

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

※この記事は20代で離婚経験のある男性に寄稿して頂いた記事です。

20歳の時に4年間つき合った女性と結婚しました。
高校の同級生だった彼女とお付き合いを始め、それから2年間の遠距離をし、
その後は同棲を2年続け、4年の交際を経て、結婚を決意しました。
相性がとても良く、喧嘩も少なく、趣味も合っていたことから、
この女性しかいないと確信しプロポーズをしました。

順風満帆だった結婚生活

結婚後もとても幸せな生活をしていました。


お互いに仕事をしており、プライベートも充実していたことから
この生活はずっと続くと思う程、安心できる生活だったのを覚えています。
結婚前に同棲をしていたこともあり、結婚後のギャップもなく、
トラブルというトラブルは離婚する一年前までは本当にありませんでした。

両親の死がきっかけで・・・

結婚して5年目、私の両親が亡くなり、両親が抱えていた借金を背負うことになり、
それからは金銭面でのトラブルが原因で喧嘩が起き始めました。
高額の借金であった為、続けていた仕事の給与だけでは到底返済も難しく、
深夜のアルバイトを始め、肉体的にも精神的にも私自身が限界に来ていたのかもしれません。

気がつけば笑顔も無くなり、妻に冷たい態度ばかり取るようになってしまっていて、
自分自身では気づかなかったものの、妻に本当に辛い時間を過ごさせていたような気がしています。

妻に泣きながら離婚を懇願される

ある日、日中の仕事、夜のバイトを終え深夜遅くに自宅に帰ると、
泣きながら妻にこの生活は正直限界と言われてしまいました。

その瞬間、これ以上妻に迷惑や辛い生活をさせるわけにはいかないと思い、離婚を決意しました。
この生活が後何年続くか分からない、
先の見えない状況でとても大事な人を幸せにできる余裕などなかったからです。
妻としっかりと向き合い、話し合いをし、妻に離婚を承諾してもらい、
お互いに新たな人生を送っていこうと離婚届にサインをしました。

離婚に必要な手続きは妻が弁護士に依頼をし、スムーズに進むことができました。
離婚に掛かった費用も妻が出してくれたので、
私自身は何の負担もなく離婚を正式に受理させることができたのを覚えています。

離婚して良かったこと

離婚して良かったと思うことは、たったの一つ、
ずっと苦しめてしまった妻を解放させてあげれたこと…私自身妻のことはまだ愛していましたし、
寂しい思いはもちろんありますが、私の大事な人だからこそ、これ以上苦しめたくなかったんです。
だから、離婚に後悔はありません。
彼女がこれから先の人生を何の負い目も感じることなく、幸せになって欲しいと願うばかりでした。

離婚して辛かったこと

正直離婚をしてからの生活はとても苦しいものでした。
朝から深夜まで働き借金返済のために無我夢中で頑張っていても、
家に帰れば静けさと孤独感で何度も心が折れそうになってしまいました。
それでも、自分の選んだ道に後悔したくないと、何が何でも借金を返済し、
もう一度幸せな人生を歩むと心に強く決め必死で頑張りました。

その後3年で借金を完済することができ、今では平穏な日々を取り戻すことができました。
離婚をし、妻を失いはしたものの、現在妻は再婚をして幸せな日々を送っていると聞き、
今では彼女の幸せを心から喜べるようになっています。

20代で離婚して良かった

20代で離婚という経験をしましたが、今ではこの離婚は正解だったと思っています。
子供もいませんでしたし、もしこれが40代や50代での離婚ならば、もっと辛い思いをしたと思います。
子供がいれば尚更のこと、
妻だけではなく子供にまで辛い思いをさせてしまうことだけはしたくなかったからです。

20代での離婚だからこそ、別れた妻も今では幸せを手にしていますし、
自分自身も若くして辛い経験を乗り越え、強く成長することができたと思っています。

若いからこそやり直しがきく

今20代で結婚をしている方々が、今後離婚を決意したり、
別れの道を選ぶのなら、辛いことも多々ありますし、苦労することもあると思いますが、
人生の新たな幸せの為の試練だと思って、強く前向きに乗り越えて欲しいと思います。
若くして離婚をすることは決して良いことではありませんが、
若い頃の離婚だからこそ、再度やり直せると思って欲しいです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)