男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

元妻との出会いと結婚

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

20代離婚.comというサイトですが、まずは離婚ではなく結婚当時のことを記します。
離婚に至る前には必ず結婚がありますからね。

僕と元妻との出会いは大学4年の就職活動の時でした。同じ会社の面接の待合室で出会い、意気投合し、連絡先を交換。就職活動の情報共有という名目でデートに誘い、自然と付き合うようになりました。

僕は彼女が出来て好きになっていくと「できるだけ永く一緒にいたい」「いずれは結婚したい」と思うようになるタイプの人間です。高校生や大学生の時に付き合った彼女に対してもそう思っていましたが、さすがに時期が早すぎ、結婚には至りませんでした。
元妻とは大学4年の終わりから付き合いはじめたときから、「この子と永く付き合うだろう。」「いずれは結婚するだろうな」と思っていました。

元妻も結婚願望が強いタイプで「早く結婚して子供作りたい。子育てが早く終われば40代後半から2人で遊べるよ。」と会う度に言われていました。僕はそこまで焦る必要は無いのでは無いかという気持ちもありつつも、元妻が僕のことを真剣に好きでいてくれる気持ちが嬉しく、また好みのタイプでしたので、徐々に真剣に結婚を考えるようになりました。

付き合って4ヶ月が経過した頃、元妻からデートの際に突然「結婚してくれないなら別れたい。女の賞味期限は25までなのでだらだら付き合う気はない。」と言われました。今思えば、この時にもっとよく考えておけばよかったのですが、まだまだ世間知らずでピュアな23歳だった僕は「よし、こいつを一生幸せにしてやろう」と純粋に思い、付き合ってちょうど半年の日にプロポーズをし、結婚をすることになりました。

その後、元妻はすぐに結婚式場探しをはじめました。その後のデートはブライダルフェアでいろんなホテルの美味しいごご飯をタダで食べて廻るコース。その中から格式が高く、ご飯が美味しい老舗ホテルで大安の日に結婚式を挙げることに決まり、2人でケンカしながらも準備をしていきました。

元妻は一流大学卒の優等生タイプ。一流企業のOLさんでしたので、両親へのウケもよく、「タイミングはだいぶ早いけど、まあいいんじゃない。孫の顔も早く見られるし。」と両親も意外にもあっさり納得してくれました。

また会社で上司や先輩に報告する度に
先輩・上司「できちゃった婚か?」
自分「いえ、順番は間違えてませんよ〜。」
のやりとりを何度したことか。

やはり一般常識的には23歳の結婚はだいぶ早いもんなんだなぁと思いました。

会社の先輩には既に離婚経験のある人もいて、当時の僕は「この先輩はなぜ離婚なんてしたんだろう?人格に問題ありなんじゃないか?」と疑っていました。まさか僕が数年後に離婚するなんて思いもよらなかったです。

こうして交際半年後にプロポーズ、交際から1年半後に結婚式を挙げることとなりました。

ところが、結婚式当日の朝、事件は起きました。
この時、勇気をもって、結婚式をキャンセルしておけばと今になって後悔するのですが。

<次ページへ続く>

【次ページ】結婚式当日-「結婚式に行きたくない!」

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

<管理人の離婚体験談目次>

元妻との出会いと結婚

結婚生活後のすれ違い

離婚を決めた理由

離婚の手続き

離婚当日とその後

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)