男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

再婚同士で連れ子を愛せない(40歳で離婚)

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

結婚した時の年齢:33歳
離婚した時の年齢:40歳

離婚をしたときは40歳でしたが、夫婦の間で離婚の話が出たのはもっと前からでした。
その時、上の子が14歳で下の子が10歳でした。

バツイチ同士の結婚でした

うちはバツイチ同士の再婚でした。
僕は、前妻が浮気をしたのがわかって離婚をしました。妻は元夫とは死別だったそうです。

知り合ったのは会社です。
僕の会社に、元夫が亡くなって実家に帰ってきた妻が働きにきました。
妻は、そんな悲しい過去があるようにはとても見えませんでした。
いつも明るく笑っていて、てきぱき仕事をこなしていたのでとても好印象の女性でした。

僕は、妻がバツイチだとは知っていましたが死別だとはしらなかったので、彼女の歓迎会の時に彼女にお酌をしながら何気なく旦那里どうして別れたのって聞いてしまいました。
お酒が入っていったので勢いもあったのだと思います。
妻は僕の質問に答えようとしたとたんに、ぶわっと目から涙がでてきました。
あの時には本当に驚きました。

具合が悪くなったようだからと、みんなに行って僕は妻を外に出しました。
そのまま、タクシーを拾って妻を家まで送ってあげたのですが妻はずっと移動泣いていました。

翌日、申し訳なさそうに妻が謝ってきましたが、逆に僕が彼女に謝りました。
そんな姿をみて妻はおかしそうに笑っていました。
いつもの妻の姿でした。

昼休みは、昨日のお詫びにと僕が妻にランチをおごりました。
妻はその時元夫の話をしてくれました。

普通に朝、行ってきますと会社に出かけて家をでたのに交通事故に巻き込まれてそのまま帰らぬ人になってしまったそうです。
彼女は、話しながらもやはり涙目になっていました。
僕は、そんなにも元夫を愛していたんだなって思ってうらやましいと思いました。

僕の前妻は、もし結婚当時僕が死んだらこんな風にいつまでも悲しんでくれただろうかと思い悲しくなりました。
そして、同時にこの女性に愛されたいと強く思いました。
その思いは、突然でそれでてい必然のように僕には感じられました。

そのあと、僕は猛アタックをして妻となんとか付き合うことができました。
僕には子供がいなかったけど、妻にはこどもがいたし妻のほうが年上だったということが妻にはネックだったようです。

付き合いだしてからは順調でした。
妻の子はすぐに僕になついてくれました。

妻の子が僕をお父さんと呼んでくれた時、僕は妻に本当のお父さんになりたいとプロポーズをしました。

結婚生活はお互い再婚ということもあり、互いに思いやりをもって接することができていたと思います。
二人の子供もじきに生まれて、本当に幸せでした。

自分の子供は愛せるが、連れ子のことを愛せなかった

でも、歯車は少しずつずれていきました。
僕は、妻の妻の連れ子も自分の子も分け隔てなく育てていこうと思っていました。
でも、自分の子が生まれたとたんに、いかに自分が小さな人間かと思い知りました。

どうしても、自分の子がかわいいのです。
それは、妻にはすぐに見破られました。

連れ子にとんでもない一言を発してしまった

それでも、なんとか家族をやっていたのですが反抗期まっさだ中の上の子に僕は言ってはいけないことを言ってしまいました。
お前は俺の子じゃないから、そんなことをするんだと言ってしまったのです。
その時の、上の子の顔を今でも鮮明に覚えています。

その日以来、上の子は僕とは話さなくなりました。
妻は、そんな子供の様子を見て心を痛めていました。
そして、僕に離婚を申し出てきました。

僕は妻を愛していました。
でも、妻の子を愛してあげることは到底無理だともわかっていました。
僕には、血のつながりのない子をわが子同様接することができなかったのです。

自分の子供の親権も主張してきた

僕は離婚に応じました。
でも、夫婦で意見が分かれて離婚届を出すのにひどく時間がかかりました。
それは、妻は下の子も引き取りたいと言い出したからです。

僕は下の子は手放す気はありませんでした。
どうしても、下の子は渡さないという僕に、妻はまだ、上の子を苦しめる気ですかといいました。
僕はその言葉にはっとしたけど、でもやはり自分の意思を貫き通すことにしました。

お互いの意見は平行線のまま、半年がたちました。
妻は、どんどん反抗期がひどくなる息子に負けたのか、離婚届をおいて息子と出ていきました。
協議離婚でした。

自分たちで話し合い、他人の力を借りることなく終わりを迎えられたのはよかったと思っています。
もちろん、費用はかかりませんでした。
妻は、家を出て行くときには少しの荷物をもって行っただけでした。
そのあと、僕に電話をよこして僕の留守中に荷物を取りに行きたいと言っていました。
荷物といっても、上の子と妻のものだけです。

財産分与や養育費

財産は、再婚してから夫婦でためた分のお金を半分に分けました。
養育費は、妻には払っていません。
もちろん、妻から下の子の養育費はもらっていません。

子供に話したタイミング

上の子には、妻が話したのでどのタイミングで話していたのかはわかりません。
下の子には、妻が家を出てから話しました。
でも半年も家庭内別居が続いていたのです。
半年も離婚の話をきいていた下の子は、驚くほど冷静に僕の言葉を受け入れていました。
子供なりにさっして、色々と考えていたのだと思います。
だから、冷静に受け止めれたのだと思っていました。

でも、それは僕の思い違いでした。
その後、下の子は学校に行くのを嫌がるようになりました。
そのたびに、僕の母が子供を学校まで送ってくれました。
仕事を休めない僕には、母の存在は本当に助かりました。
それに、下の子は僕に気を使って言えないことも母には甘えて言えたようでした。

結婚後半年して4人で会うことに

離婚後は、子供が落ち着くまでは一切僕は妻とは合わなかったし、子供も会わせませんでした。
半年ほどたって、子供なりに現実を受け入れた様子だったので四人で会いました。

距離ができたおかげか、僕は上の子に前よりも自然に父親らしく振舞えました。
上の子も僕にずいぶんと素直な態度をとってきていました。
下の子は、母親にあえて嬉しそうでした。
学校の話などをたくさんしていました。

その様子をみて、大丈夫だと確信した僕は妻と下の子を月に2回会うようにセッティングしています。
下の子がもう少し大きくなったら、きっと母親に相談したいことが多くなると思うので、そのころには会う回数鵜をもっと増やそうと思っています。
嫌いで別れたわけではないのです。

自分の器がもっと大きければ・・・

今回の離婚で、一番辛い思いをしたのは下の子だと誰もが思っています。
だから、子供の気持ちを尊重してあげようと思っています。
正直、そのまま妻の元がいいといって帰ってこなくなるのではと送り出すときに不安になるときもあります。
それでも、ちゃんと送り出します。
これ以上、自分が小さい男だと思い知りたくないからです。

自分がもっと器が大きければ、今回の離婚はまぬかれたと思います。
そうすれば、下の子が母親を恋しがることもないし、学校に行きたくないと言い出すこともなかったと思います。
それに、上の子だってこれから父親の存在を欲しがる時期です。
そばに入れて上げれたのです。
でも、できなかったのです。

離婚をとおして、この現実に向かい合うときに僕はすごく辛くなります。
でも、きっと無理をして家族をしていたらきっとどこかでおかしくなっていただろうと思います。
傷ついた人がたくさんいても、迷惑をかけてしまっていたとしても離婚をしたことは正解だったと思っています。

もし、子供たちが大きくなって色々とわかる時期がきたらその時にはもしかしたら家族に戻れるのではないかともちょっと期待しています。
家族の形は色々あっていいのだと思いるからです。

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

Comment

※コメントは承認制です。管理人以外の体験談の記事に対する人格否定のようなコメントは承認しませんので、予めご了承ください。
  1. ななし より:

    え、一番辛い思いしたのは上の子でしょ…

  2. たろ より:

    ななしさんに同感です。

    この気持ちになれなかったのが、原因だとは思いますが…。

    上のお子さんが、今より幸せになれるよう、可能な範囲で配慮してあげてください。

  3. びっくり。 より:

    上も下も同じくらい可哀想だわ。。。
    誰もがって 私は同感できないな…

  4. 匿名 より:

    上が一番かわいそうでしょ。兄弟出来ても、下しか可愛がってもらえない。子どもなりにも本当のお父さんと思って子も接してきてくれていただろうに。。。

  5. 匿名 より:

    上のお子様が一番可哀想です。
    父親面していますが、もう、あなたは父親ではないでしょう。

    面会の時も、振り回さないであげてくださいね。
    会いたくないと思います。

  6. みかん より:

    反抗期ってきっと思っている以上に大変なんでしょうね。今まさに同じ経験をお友達がしてます。長男くんは反抗期で、血縁のない旦那さんは苦労されてます。
    その旦那さんは、自分のお子さんも居ます。
    自分の血を分けた子供の可愛さを知り、長男とも距離を置きながら真摯に向き合ってます。
    それを乗り越えた先に、また一つ強い絆で結ばれた家族の形になっていくような気がするので。
    苦労した時代に背を向けて、落ち着いたらまた家族に。…っていうのはかなり甘い考えのような気がします。
    子供は親の所有物ではありませんよ。勘違いなさらずに…

  7. 匿名 より:

    あんたは元妻さんを傷つけたんだよ。
    再婚で傷が増えた。
    なんで下の子が一番かわいそうなの?
    妻と自分の子がいたら、前夫の子は妻の身内でも引き取ってくれたら…なんて思ってそうだね。
    結婚ってさ、相手方も人間なんだよ。

    意味理解しろよ。

  8. ななし より:

    上の子は反抗できるまでに成長したんだ下の子はほんの子供、なら下の子可哀想でも良くはないか

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)