男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

別居中の妻が離婚に応じてくれない!こんな時どうしますか?

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

ご相談者:30代男性 やさぐれ男様

ご相談させていただきたくメールさせていただきました。

32歳男性、結婚4年目です。
子供は2歳の男の子がいます。

離婚したい理由としては以下の通りです。

① 私の実両親との確執(妻がしたいようにできないため、不仲。子供は1年半見せていない)
② 金銭面での不安(今までの貯金など全て妻のしたいようにされてしまった)
③ 自己主張が強すぎる(私の健康を考えてくれているか疑問)
④ 束縛が強い
⑤ 趣味を制限する

①もともと自我の強い性格ではあったものの、結婚前は私に尽くしてくれたこともあり、28歳で結婚を決意しました。結婚後すぐ妊娠し、出産後、子供をめぐって私の両親の意見に耳を貸そうとせず、親に頭を常に下げて多くのことをお願いしてきました。私の実家に行く時も、私をないがしろにしたような態度を常にとるため(本人は気づいていない?)、私の親も心配するようになりました。ただ、これも親には悪いのですが、我慢してもらっていました。私も我慢することで家庭内が平和になると思っていました。当然私は実家と妻の板挟みにあい、心身とも衰弱してしまいました。妻の意見を通すように強要され(守る?という名目で)、親とも少しずつ不仲になってきました。

②金銭面でも私の給料全てをコントロールしようとするにもかかわらず、家計簿はつけていないなど、ルーズな面もありました。しかし、私がしたいというとヒステリーをあげるので仕方なく我慢していました。その結果、今は自身のお金は全くわからなくなってしまうという事態にまで陥りました。

③旅行先などギリギリまで詰め、私の休息はまるで考えていません。自分と子供が楽しければいいという考えです。毎年の夏休みが憂鬱でした。また、毎日の食事も全て自己都合で時間を決め、私の意見は全く無視です。家に仕事を持ち帰れるにも関わらず、家では全くできません。家には帰りたくないように思いました。365日24時間休みがない母親と父親を一緒にしないで、が口癖でした。私の仕事は当直業務もあり、いわゆる激務の部類です。当直中が一番安らげました。

④飲み会は禁止です。上司とだけOKで、結婚前から制限され友人も減りました。

⑤趣味であるゴルフは父との共通の趣味でしたが、これも禁止されました。

言い分としては家族を大事にしろ、ということなのですが、全て私に我慢を強いています。自分の実家へは好き放題帰るのに、私には常に制限をかけます。このようなことが積み重なり、家で落ち着くことができなくなり、心身とも衰弱してしまいました。その結果、体重も10kgほど落ちてしまいました。

機嫌のいい時はいい妻、いい母親ではありますが、結婚生活を継続するのは非常に難しいと思います。私は何度もSOSを出してきました。しかし、一向に改善せず、今年1年はさらにひどいものになりました。2年我慢してきましたが、もう限界です。

このことを妻、妻の両親に直接言いました。すると手のひらを返したように改善するから離婚は考え直して欲しい。子供のためにも考え直して欲しいと言われました。当然、子供のことは考え抜いた結果です。妻といると自身の健康が保てなくなります。子供には申し訳ないですが、自身の健康を保てないまま子育てなどできるはずもありません。子供を捨てたといわれればそれまでですが、保証はしっかりしたいと考えています。離婚費用も通常より多めに提示しています。もう全てが信用できなくなってしまいました。

現在別居中ですが、妻は子供かわいいなら離婚は止めてくださいと言ってきます。子供はかわいいのは当たり前ですが、妻には私の気持ちが伝わっていないのでしょうか?このままうまくやれるはずがないのは自明の理なのですが・・・

このような場合、マナブさんならどうされますでしょうか?

この度は辛いお悩みを勇気を持って打ち明けていただきありがとうございました。

そして、置かれた状況が僕の時と似すぎていて、思わず僕のことかと錯覚するほどでした。

奥様が自分の両親を大切にしてくれず孫に合わせられず板挟みにあっている点、飲み会や趣味を過度に制限されている点、完全に財布を握られている点、その結果ストレスにより体調を崩されている点など本当に辛いお気持ちよく理解できます。

当人同士にしか分からない部分もあり、具体的な解決策をご提示するのは難しいのですが、奥様や義両親が離婚を避けたがっている点と、やさぐれ男さんが浮気やお金の使い込みといった悪いことをしていない点を聞いている限り、まだ話し合いにより解決できる可能性が若干残されているようにも伺えます。

冷静な話し合いにより、改めてやさぐれ男さんが耐えきれない点を伝え、奥様が今後どう変わるのかを宣言させ、これで治らなければ離婚確定である旨をお伝えするのが宜しいのでは無いかと思います。

奥様もヒステリックな方のようですので、自宅では冷静に話し合いができない可能性もあるので、ホテルのラウンジやカフェなどのオープンスペースでの話し合いをお勧めします。

なぜすぐに離婚することを勧めないかというと子供との面会の問題があるからです。僕も離婚時に子供との面会についてはきちんと公正証書化した離婚協議書内に定めましたが、履行されることはなく、現在に至っています。ヒステリックな奥様であればなおさら離婚後の交渉や話し合いは難しく、文字通り一生子供と会えなくなる可能性があります。

これは想像以上に辛いことですので、僕は小さいお子さんがいる方はできる限り離婚しないで、奥様が出産育児のストレスが減り、心の余裕を取り戻す時期まである程度誤魔化しながらでも夫婦関係を継続しておくことをお勧めしています。

(もちろんこれは本人同士の精神状態、健康状態との兼ね合いがあるので判断は難しいのですが。)

なかなかストレートな解決策をお示しできずに恐縮ですが、上記が僕が率直に思ったことです。少しでも参考になりましたら幸いです。

最後に、離婚について悩んでいる時期はご自身が感じている以上に心身ともにダメージを受けており、疲れやすくなっていますので、どうかお体を大切になさって下さい。

マナブ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

Comment

※コメントは承認制です。管理人以外の体験談の記事に対する人格否定のようなコメントは承認しませんので、予めご了承ください。また、現在多忙につきコメントへの返信はしておりませんので、ご了承ください。(コメントには全て目を通しております。)
  1. 斎藤 より:

    6ヶ月前に調停離婚しました。高校生の息子がいます。離婚理由は性格不一致です。当時妻に離婚してほしいと仕事行く前に言われ、私が応じなかった。仕事から帰宅すると、子供を連れて出て行かれてました。突然の別居であったので、息子にも会いたいので、何度か、飲食店や、家に来て、話し合いしましたが、妻の離婚の意思が固かったが、私が応じなかったので、離婚調停を弁護士を付けて申し立てられました。なぜか、離婚理由は、DVだと言われ、もちろん結婚生活15年で喧嘩はありましたが、手を出した事などありません。当然証拠もありません。別居後、子供にも会わせないようになり、携帯電話も解約され、連絡方法がなくなり、住民票で息子の別居先がわかり、行った事で保護命令申し立てられ、それをカメラで撮られ、保護命令が下りました。約3ヶ月も審議の結果、下り、納得出来るはずがありません。しかし、このままでは、拉致があがらないので、離婚に応じました。保護命令期間が過ぎ、面会交流1ヶ月に1回、養育費3万円で決定。養育費は、息子の口座に振り込んでましたが、息子に会わせてくれません。元妻の弁護士に伝え、息子から非通知で連絡があり、約1年3ヶ月振りに電話で話し、私と会ってもいいと言ってましたが、そこから連絡取れませんし、住民票閲覧ブロックもされ、手の内ようがありません。どうしたら良いでしょうか?

    • admin マナブ より:

      斎藤様

      この度は辛いお悩みを勇気を持ってご投稿頂きありがとうございました。

      お子様に急に会えなくなったり、養育費を払っていても面会交流が出来ない方はとても多く、とても悩ましい問題ですね。

      調停を起こすなどの方法で、面会を実現するというのが現実的な解決策になるのだとは思いますが、それをやるべきかどうかは、元奥様の性格にもよるかと思います。(僕の場合は元妻がヒステリックということもあり、調停を起こして無理に面会を実現した場合に、子供への悪影響があるのでは無いかと考え、敢えてアクションを起こしていません。)

      専門家である弁護士に相談をしてみると、他の方のケースも踏まえたアドバイスが頂けるので、次に起こすべきアクションを決める参考になるかと思います。

      また当サイトでも他の方の離婚事例を多数紹介しており、皆さん同じ悩みで苦しまれています。そのことが少しでも斎藤様の励みなりましたら、サイトの意義を果たせたことになり、管理人冥利につきます。

      最後になりますが、離婚のことで長く悩まれていると、心身ともにかなりストレスがかかります。どうかお体を大切になさって下さい。

      マナブ

  2. あこや より:

    尊敬していた方から気持ちを打ち明けられました。
    その方は、ご自身を「愛妻家」とおっしゃっていたので、不倫になってしまうのではと恐れましたが離婚されていました。
    なぜか迷いなく信じられるのでついていこうと思いましたが、うっかりネットで検索してしまいました(どこかに心の弱さがあったのですね、)

    ここまで等身大のご経験とお気持ちをお伝えくださって、ありがとうございます。
    世の中の情報ではなく、彼を見つめようと思えました。
    幸せになります。
    幸せにさせてさしあげたいです。

    ありがとうございました。

斎藤 にコメントする コメントをキャンセル

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)