男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

【相談】妻への愛情が冷めました。

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

ご相談者:30代男性

今妻と離婚を考えています。

結婚して4年経ち5年目を迎えます。子供は3歳になる息子と今妻は妊娠しており、秋に出産予定です。
私と妻は同じ県内出身ではありますが、お互いの実家は車で3時間の距離にあります。

もともと私は一人暮らしで妻は実家暮らしでした。私は結婚する前は妻の実家に近いところに住んで働いていましたが、仕事の関係で私の実家に戻ることになり、その際、交際していたのですが別れを告げました。
もともと実家から離れたくない妻だったからです。

私はプライベートも大事ですが、男は仕事が第一だと考えているため仕事を選び別れる決断をしました。話し合いの末、妻は折れ、結婚する前提で一旦遠距離をし、遠距離を始めた年の冬に籍を入れ、アパートを借り、結婚生活を始めました。

妻が実家から離れたくない理由としてはお父さんを亡くしており、母親だけで心配であることと、知らない土地に行く不安でした。

母親のことに関しては将来的に私たち夫婦と一緒に住んで面倒を見ようということで妻も納得しました。
籍を入れ、翌年の夏に子供を出産。

子供を出産してからは育児のストレスもあり、私も仕事が忙しかったり、休みが少なかったりで喧嘩は増えていました。

それでもそれが普通ですし、仕方ないことなので夫婦生活は続けていましたし、妻も仕事をして日中は子供は私の実家に預けていました。

子供も手がかからなくなり、兄弟を作ってあげたいということで、2人目の子作りも始めました。

すぐには出来ず、1人目の子が1歳と3ヶ月になる頃、第2子を妊娠しましたが、ストレスも影響したのか流産し、それから妻は精神的に病みました。

鬱まではいきませんでしたが、もう精神的に駄目だったので、妻は仕事を丁度契約が切れ、辞めていましたので私も仕事を辞め、妻の実家に行くことを決断しました。

先に妻は実家に帰り、私は仕事をすぐには辞めれなかったので年度が終わると同時に退職し、妻の実家に引っ越しました。

いい仕事はなく、給料は前の仕事の4、5万低いところへ契約社員として今現在も働いています。
妻の実家に引っ越し、妻も精神的に落ち着き、以前働いていた職場で働き落ち着き、子供は保育園に預けています。

精神的に落ち着いた妻はまた子供を欲しいということで子作りを始め今の妊娠に至ります。
夜の営みに関しては、ほぼ1人目できてからは子作りの為の予定日を計算してのもののみで、その予定日を計算して行うのも私は若干苦痛でした。

でも喧嘩するのが面倒でしたし、協力的じゃない、他の旦那はもっと協力的だなどと言われるので極力求められた時は協力していました。

今までも何度か喧嘩をしては離婚の話もでましたが私が謝って済んでいました。
今回離婚を考えるようになったのは、まず妻は私の仕事を考えてくれない。私はまだ慣れない仕事で仕事に集中したいのに育児も協力してという感じです。

今の仕事はシフト制で遅番だと昼から出勤なので午前中は子供を保育園に連れていき、夜ごはんを作り出勤したりしていました。

仕事に行っても何かメリハリが付かず集中出来ず疲れていました。

そんな中、妻は妊娠してつわりが酷く育児もままならない時、私が仕事で帰り、熱がありそうなダルさがあったので熱を測ると39度ありました。それを妻に伝えると返ってきた言葉が『何でそんなに弱いの??』でした。

その後も前に37度の微熱で熱っぽいと言ったことも振り出してきて馬鹿にする感じで言われました。私は怒りよりも、いたわりの言葉もない事にがっかりしたと同時に冷めてしまいました。
私は今まで1人暮らしが長かった為、料理もできますし、妻の必要性が今はありません。愛があればいいのですが冷めてしまいました。

冷めた理由や仕事のこと、妻の必要性がないこと、愛情はなく家族としての情しかないことを伝え、離婚したいと告げました。
何回か話し合いしましたが、今すぐは無理、子供が落ち着くまでと言っています。私はそれは無理いつ別れたくなるかはわからないからと言いましたが、それも受け入れた上で今は離婚できないという答えでした。

その離婚したいと告げてからは、育児も家事も全て妻がやるようになり私が何もしなくても何も言いません。

また今までは仕事で飲みに言っても何かしら文句を言われていましたが、今は飲みに言っても何も言いません。
またお酒が好きな私に毎日ビールを出してきます。
でも冷めた私は何も気持ちはかわりません。
子供は可愛いですが、妻と離婚したい気持ちが強いです。
今は妻の実家で同性で相談する人もいないので、相談致しました。

なかなか伝わりにくいかもしれませんが長い文章読んで頂きありがとうございます。

管理人からの回答

ご相談をお寄せいただき、誠にありがとうございます。
読ませていただき、真っ先に感じたのが、ご相談者様の奥様と私の元妻がよく似たタイプ(育児ストレスもありヒステリックで実家から離れられないタイプ)であり、私が離婚した時と環境がよく似ているということです。

唯一違うのは、ご相談者様が離婚を切りだされてから、奥様の態度が変わり、改善されている点です。

僕の場合は相手も変わる気が全くなかったので、離婚せざるを得なかったのですが、ご相談者様のケースでは奥様の態度が改善されている点を見てどの程度肯定的に思われるかという点と、離婚してお子様がどちらかの親と離れて暮らさなければならなくなる(場合によっては私のように会えなくなる)点をどう考えるかが、本気で離婚するかどうかを決めるポイントと思います。

離婚するかどうか悩んでいる時期というのは非常にストレスが溜まりやすく、しかも相手の実家では気も遣い疲れやすいと思いますので、健康に気をつけて下さい。

また状況や考えに変化がありましたら、いつでも当サイトにご連絡・ご相談下さい。

マナブ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

Comment

※コメントは承認制です。管理人以外の体験談の記事に対する人格否定のようなコメントは承認しませんので、予めご了承ください。
  1. 匿名さん より:

    風邪をひいた時などの、奥さまのいたわりのなさは、私の主人とよく似ていますよ。

    おそらく、奥さまは今まで あなたの事をなめていた…絶対に別れたくはないのだろうと、甘く見ていたんだと思います。

    基本的に、相手が元気で健康な時のみ良い顔をして、風邪ひいたり寝込んだりした時は嫌な顔をするという人間は、機械のような人間だと思います。

    私の主人もそうです。

    全文を読む限りでは、あなたも結婚には向いていなかったのかもしれないですが、お互いに 何の譲りあいも思いやりもないのであれば、早く離婚なさったほうが良いかもしれないですね…(・・;)

    全文を読む限り、結婚前は、奥さまに対してあなたが冷たかった。
    恨みに思ってルート訳ではないでしょうが、結婚後は 奥さまがあなたに冷たかった。

    お互いに自由気ままな、ひとりの生活を楽しんだほうが良いのでは?

    お子さんは気の毒ですが、児童養護施設の職員さん達のほうがずっとお子さんをしっかり育ててくれます。

    あなたは、奥さまが精神的に辛いときは支えていたつもりでも 嫌々でしたよね?

    それが奥さまにも伝わり、あなたが高熱の時に優しくしたくないという気持ちになったのかもしれません。

    どちらかが、一方的に尽くすのは間違っているので。

    最初に、結婚前から奥さまとなる彼女に別れを告げたりして冷たかったのは、あなたのほうですよね。

    あなたも奥さまも、反省点はあるのでは?

  2. より:

    読んだ感じ離婚するのは早い気がします。
    すべて受け入れるのを決めて結婚したんじゃないんですか?
    妊娠して人が変わってしまうのは女の人みんなだと思いますし、仕事の環境がかわっても家は家で区切りをつけるのが旦那の役目だとおもいます。
    もちろんできる範囲ですが、妊娠中がどれだけ大変で育児もどれだけ大変か甘く考えすぎだとおもいます。
    契約社員なら奥様が働いて旦那さんが主夫をなってみたらどうですか?

  3. より:

    こういう話題になると女性は「ホルモンバランスが云々」とか「ご主人の誠実さが足りない」とか言いますよね?
    確かに男には無い生理現象なので全て女性の気持ちを察する事は出来ません。
    しかし、メディアに踊らされて都合の良い部分ばかり振りかざしてホルモンバランス云々を免罪符にして横暴の限りを尽くすのは如何なものかと。
    人間誰しも生物の一員なのですから本能もありますが、それを抑える理性によりお互いに譲渡し合い社会を形成できるのも人間じゃないですか。
    あと「誠実」と「忠実」を履き違えてる方も男女問わず増えてきているのも悲しい問題ですよね。

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)