男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

子どもを欲しがらない妻(26歳で離婚)

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

私は23歳の時に1つ年上の女性と結婚しました。
その女性は離婚経験があり、子供が二人いましたが、
親権は父親がもっているということで私とは普通の恋愛や同棲を通して結婚しました。

その女性は見た目がとても美人です。
だからだと思いますが、
その女性が離婚した理由は当時の旦那が外出することを禁止していたからだそうです。
バイトもダメ、買い物も近所のみ、友達と会うことも同窓会に行くことも禁止だったのだそうです。
だから私は同じことをしてはいけないと思い、バイトに行くことを認めました。
とても喜んでいて毎日充実していました。

子供の欲しがらない妻

ところが、私は家族を持ちたくて、ある程度収入や生活リズムが整ってきたときに、
子供を作ろうとしましたが、その女性はすでに二人産んでいるわけで、
これ以上は欲しくないとのことで、夫婦仲が崩れていきました。

私は家族を持ちたかったが彼女は仕事や自分の時間を優先したかったようです。
このすれ違いでわずか3年で離婚することになりました。

最初は我慢していて辛かった

始めはバイトをさせてもらえることに感謝の気持ちが表れていました。
ところが、だんだんと自分の思い通りにできると勘違いをはじめ、
最終的には思い通りにならないからこそのバイトシフトを相談もなく変更し、
夫婦の生活にすれ違いをわざともたらすようになってきました。
それでも私は初めての結婚なので、離婚なんて恥ずかしいとか、
やってはいけないことだと考えて耐えていましたが、孤独でした

試しに「離婚しよう」と言ってみた

そんな時に、大喧嘩をして私が家を出たときに、(彼女の実家にいたので)
彼女はバイトの身でありながら県外のヘルプに希望してしまいました。
じっくり話し合いをしなければならない時に、
さらに自分の好きなように仕事をする彼女に呆れて思わず「もう離婚しよう」と口にしました。
すると彼女は何も迷いなく「わかった」と言いました。
正直私は彼女を試しに言った側面がありましたが、
その即決に「これは私ががんばってもだめなんだ」と悟りました。

その後はとんとん拍子です。
彼女がその県外ヘルプから帰ってきてから、ファミレスで会う約束をし、
その場で離婚届けを記入しました。
提出は彼女の要望で一緒にいくことになりました。
泥沼のような離婚裁判のようにはなりませんでした。

離婚後の開放感

私が離婚を決意したとき、彼女は地元にいませんでしたので、
県外ヘルプを終えて戻ってくるのを待っていました。
今思えばその間が最も精神的にきつかったように感じます。
ただ、一旦離婚届けを提出してからは本当に気が楽になりました。
幸せではないと思いますが、本当に開放感を味わうことができました。
もともと趣味があるわけでもないので、
特に自分の時間を持ったところで生活に変化はありませんでした。
ただ、すべてがクリアに見えた気がして、
さわやかな毎日を過ごしていたような気がします。

ただ、バツイチになってしまったわけで、私は今後新しい出会いなど本当にあるのか、
一生一人なのではないかという孤独感にさいなまされることもありました。
それでも離婚は私にとってプラスになったと思います。
20代の離婚と言えば深く考えずに行動をした結果だと思う方々もいらっしゃると思いますが、
そんなことは関係ありません。
自分自身が幸せでなければ周りを幸せにすることもできません。
正しく生きていくこともできません。

そして現在

私は今再婚をし、子供がいます。
家も建てましたし、忙しいですが昔思い描いていた生活に近いことをしています。
ただ、子供がいての離婚ならこうはスムーズに進んでいなかったかもしれません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)