男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

子ども嫌いだった妻(26歳で離婚)

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

※この記事は20代で離婚経験のある男性に寄稿して頂いた記事です。

私が結婚してその後20代のうちに離婚した話をします。

24歳の時に元妻と結婚したのは、非常に活発で魅力的な女性である上に非常に気が利いて掃除などもきちんとするからです。
この女性となら結婚生活もうまくいくとなんとなく思いました。

しかし結婚後にはかなりのギャップがありました。
実はかなりの子供嫌いということでした。
子供を作りましたが、あまり子供を可愛がっていませんでした。
むしろ子供を鬱陶しく思っているようにも見えました。
それを注意して大げんかになることが頻繁に起こりました。


元妻は人に指図されるのが大嫌いなため言うことを聞いてくれませんでした。

妻の子どもへの平手打ち

そしてそのような生活を続けているうちにこのままこの女性と子供を育てて良いのだろうか
という思いが強くなりました。

子ども嫌いだった妻

そんな時にある出来事が起こりました。
食事の時に子供が食べ物を落としてしまった時、
元妻は急に平手打ちで子供を叩きました。
もちろん私は妻に対してなんでそんなことをするのかと問い詰めました。
子供は悪気もないのにあまりにも可哀想だったからです。
しかし、妻は悪びれる様子もなくしつけの1つだと言って気にしていない様子でした。
その時に離婚して子供を連れていこうと考えました。
この人に子供を任せるのは心配でなりませんでした。
私は子供が大好きでしたので、叩くのは許せませんでした。

弁護士事務所に駆け込む

離婚しようと思って数日後にまず弁護士事務所に行きました。
妻は私が子供を引き取ることに不満があったようで話し合いは難航しました。
毎回、弁護士立ち会いのもと話し合いました。

半年間話し合った後にどうにか双方が納得して離婚することができました。
その時は妻のほうが私よりも年収が高かったのですが、
妻が一切養育費等を払わないということでお互いに合意したからです。
それを条件に子供も私が引き取ることができました。
費用はおよそ200万円近くかかりました。

今は安心して子育てができています

その後、私と子供の2人で暮らしています。
特に良かったことですが、子供を安心して育てることができるようになったことです。
元妻から子供を開放することができましたので、
かなりの安心感があります。元妻は子供に暴言を吐くこともありましたので、
このようなことを子供がもう聞かなくてすみますので、とても安心できるようになりました。

母親はいなくなってしまったが・・・

ただ、離婚して辛いこともあります。
子供に母親がいなくなったことです。
やはり父子家庭ですと子供が今後寂しい思いをしないか心配です。

ただ、子供を元妻のもとではどうしても育てたくありませんでしたので、早く離婚して正解でした。
なので、子供が教育上に心配がある場合は迷わずに離婚したほうが良いと私は思います。
たしかに、世間体は悪くなりますし、今後子供がそのことで苦労することがあるかもしれません。
しかし、暴言などを浴びながら毎日過ごさせるのは子供があまりに可哀想です。
そのような状況で辛い思いをさせるぐらいならいっそ離婚したほうがマシだと思います。
ただ、離婚する前に本当に相手と分かり合えないか話し合うことは必要だと思います。
話しあえば納得し合える点が無いと分かってから離婚したほうが良いと思います。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)