男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

愛人契約をしていた妻(30歳で離婚)

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

私は25歳の時に初めての結婚をしました。

元妻との出会いと結婚後の生活

相手は2つ年上の女性で、昼はゲームセンターでバイトをしつつ、夜は風○業で働いていました。

私は風○業の部分で知り合い、友人関係になりましたが、彼女がなぜ○俗で働かなければならないのかの理由を知った時に、同情から恋愛に発展し、彼女の借金の一部を肩代わりすることで風俗は足を洗わせ、結婚に至りました。

非常にバカな言い分だと思いますが、私の中で彼女を助け出した感覚があり、ヒーローになったような気持ちでした。

ですから、彼女は私に感謝していると思っていましたし、信頼されていると思っていました。

ただ、人はお金を持つと人が変わると言います。

彼女は風俗で働きながら借金返済をしていましたが、かなりの月収があったようです。

しかし、早期返済をしなかったのは、お金の魅力があったからかもしれません。

結婚後、彼女はゲームセンターでのバイト収入で、月収が10万円いくかどうかになりました。

私も正社員で働いていたので、生活は苦しい物ではなかったと思いますが、贅沢できるほどでもありませんでした。

浮気を疑ったきっかけ

結婚時:25歳
離婚時:30歳

浮気を疑ったのは結婚して5年目のことです。

その頃にはセッ○スレ○になり気味で、彼女は私との子供を望んでいないこともあり、非常に大きな不安に襲われていました。

そんな時に部屋の掃除をしていると、私の知らない彼女名義の通帳が見つかりました。

借金返済で彼女の貯金はなくなっていたはずですし、結婚後の貯金は私名義の通帳を新しく作成し、2人で貯金していました。

中を見ると1年ほど前から毎月10~20万円ほどの貯金が行われていました。

当然、このお金の出所を彼女に問いただしました。

すると彼女は、風○時代に知り合ったある人と連絡を取り、愛人契約のようなものを結んでいたことが分かりました。

彼女は、「これからの時代は不安なので少しでもお金を貯めておきたかった」と言いました。

しかし、それは私との生活を考えてではなく、自分自身の生活を考えてのことでした。

特に何があったというわけではないのですが、彼女は「もし離婚したら自分には貯金も仕事もないので困る」と考えたようです。

その際、過去の経験が簡単に稼ぐことができる方法に気持ちを向けてしまったようです。

この時、彼女がどう反応すれば離婚しなかったかは今でも分かりませんが、当時の彼女はむしろ開き直って、無視をするようになりました。

バイトの身でありながら、県外研修などに率先して参加することで家を空けたり(これは本当です)、家事もほとんどしなくなりました。

そんな現状に耐えかねて話し合いをしましたが、口論になり、別居となりました。

振り返ってみれば、結婚はしていたものの、破綻していたと思われる孤独な生活は1年以上あったと思います。

当時は私が我慢をしていればいつか復活できる可能性があると信じていました。

しかし、それは幻想だったのだと思います。

そういう意味では、離婚を決意することで気持ちがかなり軽くなりました。

大げさな表現かもしれませんが、離婚を決意することで、灰色の世界が鮮やかな色に変わったような感覚です。

離婚にあたっての財産分与

私たちには特別な財産はありませんでした。

しいて挙げれば、2人の貯金(彼女が愛人契約で貯めた物ではなく・・・)200万円くらいです。

私はとにかく早く片を付けたかったので、慰謝料の請求もしなかったし、貯金も捨てようと考えていました。

さすがに彼女は気が引けたのか、貯金の半額は私の口座に振り込んできました。

でも実際には80万円ほどの振込で、結局そういう人間だったんだと思うようにすると、早く別れて良かったと思えるようになりました。

離婚して思うこと

離婚して辛かったことはまったくありません。

私には物欲がほとんどないことが功を奏したと言えます。

だから、貯金もないと思っていたところに80万円入ったので、むしろ良かったと思えるほどです。

何より、その後の生活(仕事を含めて)健康的に取り組めるようになったことが1番良かったことです。

今は仕事も順調に進み、再婚を果たし、子供も、マイホームも手に入れました。

離婚するかどうかは本当に大きな決断であると思います。

我慢して夫婦生活を続けるスタイルもアリだと思います。

しかし、そこにはある程度の『尊敬』がなければなりません。

TVで鬼嫁などと言いながら出演している夫婦を見かけます。

旦那が我慢している部分は一般家庭よりも多いのかもしれません。

しかし、根底には互いの尊敬があると思います。

私は「もし離婚を切り出したら彼女は何と答えるだろう」と想像しました。

その時に何も悩まず、間髪入れずに「わかった」と答えるのではないかと想像ができた時に離婚を決意しました。

現在悩んでいらっしゃる方は自分自身の状況によって見極めなければならないと思います。

子供がいなくて、あなたが苦しみ、相手が自分に対してまったく尊敬の念を抱いていないと感じるようだったら離婚した方が良いと思います。

現在を失うことを恐れるあまりに離婚を先延ばしにすることは、未来を失うことだと強く認識しなければならないと思います。

でも、もし子供がいるのでしたら・・・分かりません。

私は自分の人生を捨て、子供のために生きたと思います。

そして子供がある程度大きくなって、片親でも周りから特別視されないくらいの年齢になれば離婚を考えると思います。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)