男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

金遣いが荒い|妻と離婚したい理由

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

※この記事は「妻と離婚したい!」と思っている男性に寄稿して頂いた記事です。

年齢:33歳
子ども:2人

妻との馴れ初め

同じ会社の同じ部署に勤めていました。
私が数年先輩で、時々グループで飲みに行ったり、
食事をしたりしているうちに仲良くなりました。

思い切って付き合って欲しいと告白すると、
彼女も私の事がずっと好きだったと言ってくれました。
それから付き合い始め。
3年位たったころにプロポーズしました。

結婚を決意した理由はそれまで付き合ったどの人よりも女性らしく、
家庭的で、妻にするならこの人しかいないと思ったからです。


結婚するに当たって妻は料理教室や洋裁教室にも行ってくれました。
私のためにここまでしてくれるんだとすごくうれしかったですね。
ますます結婚したいという気持ちは大きくなりました。

また、子どもが大好きだと言うのも大きかったです。
私の親戚の子どもなどと会った時には、
すごくかわいがってくれたんです。
こんなに子供好きなら、きっと子育てもきちんとしてくれると思ったんです。

結婚してから離婚が頭によぎるまで

結婚してから2年位たったころにはもう離婚が頭をよぎりました。

妻と離婚したいと思った理由

結婚を決意した時はこんなに家庭的な人はいないと思ったのですが、
実際結婚してみると家事はおそろかですし、子育てもいい加減でした。
仕事をしているならともかく、専業主婦なのにです。
食事もいい加減、家の中は散らかり放題でしたね。

しかも、金銭感覚が違いすぎると感じました。
金遣いが荒い 離婚
結婚するまではこんなに地味な子だったら、
ムダ使いもしないだろうと思っていました。
ところが、結婚した途端に金遣いがすごく荒くなったんです。

その使い方は凄まじく、お給料が足りなくなると、
子供のために貯めておいたお金に手をつけるようになったのです。
さすがにこの時はもう無理だと思いましたね。

妻に離婚を切り出したことはあるか

ありますね。妻は全く動じない様子でした。
出来るものならやってみろという態度でした。
たぶん、口だけだと思っているんでしょうね。

離婚するにあたって不安なこと

不安は子供の事だけです。
きちんと証拠を揃えているつもりですが、離婚するときはほとんどの場合、
母親に親権が渡ることが多いですよね。
そうなったら子供とはもう会えなくなるかもと思うとたまりません。
その点だけが不安ですね。

他には、金遣いの荒い妻ですのでどれだけの借金があるのかが不安です。
関係ないと言っても、子どもが向こうに行ってしまった場合、
借金のある母親と一緒に暮らすなんてかわいそうすぎるからです。
しかも、まともに働くはずもありませんし、どうやって返していくのかと思います。
たぶん私が肩代わりすることになるんでしょうね。
いっそ肩代わりしてもいいので子どもはこちらに渡して欲しいです。
私と一緒に暮らせば子供は金銭的に困ることはないと思っています。

[icon image=”mail1″]「妻と離婚したい!」と思っている方のお声を募集しております。

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]
[icon image=”check-b-b”]管理人マナブからのコメント
プロポーズの前後、結婚の前後、子供が産まれる前後、
でパートナーの態度が変わることは多々あるようです。
ある程度の心の準備はしていても、
それを上回るひどい変化についてはすごくストレスを感じるケースが多いものです。

離婚後は親権を持てないと子供に会えなくなるのでその点を良く考えた上で、
意思決定をしていただければと思います。
(管理人も養育費を払っているのに元妻の都合で子供に会わせてもらえません。)
参考記事:離婚後に子供と会えない苦しみと面会について

また、お金遣いが荒い件については、
もし、食料・医療・家具などの生活必需品や教育費、医療費以外のものに
費やされている場合は、離婚の際に有利な立場になりやすいです。
具体的にお金が何に使われているのかチェックしといた方が、
いざという時の武器の一つになるかもしれません。
参考記事:「妻の浪費癖」は法的に認められるのか

[/colored_bg]

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)