男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

離婚したいと思っていた専業主婦ですが子供のこと思うと考えなおしました。

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

相談ではなく、お礼メールです。

私は現在専業主婦で、一歳半の娘と、第二子を妊娠中です。

妊娠中はとても情緒不安定になると自覚していますが、今夜もちょっとしたことで主人にキレられ、たいしたことではないのに、流すことができず、将来に不安を感じ、離婚したい、というキーワードでググって、こちらにたどり着きました。

不安といっても、生活は安定しているし、一戸建に住み、平凡な生活を送れています。

しかし、夫婦なんて所詮は他人同士ですよね、価値観のズレが広がってきているのです。

子供のが産まれる前は、主人の趣味やお金の使い方について、あまり文句をつけないようにしていましたが、第二子を授かった現在も趣味(車)に夢中で、節約できるところがたくさんあるのに、断固拒否されています。

好きなんだから仕方ないと思い、なくなく我慢していますが、自己中な休日を過ごされると、妊婦として配慮されることのない毎日にストレスを感じます。配慮できないところは、第一子の妊娠中も同じでした。

主人の趣味に対しても、やっぱり納得がいかない自分がいて、思いやれなくて申し訳ないとまで思えてきました。

そんな中、趣味について私の勘違いがきっかけで、今夜はキレられました。私はとても悲しくなってしまい、妊婦だから優しくされたいけど、私も最低限のことしかしてあげれてないだろうし、こんな生活、心が辛くなる一方かも…一緒に居る理由がわからなくなってしまいました。

しかし、離婚後、子供との面会についての記事を読み、立ち止まることができました。

泣きながら読ませていただきました。子供が一番辛い思いをするんですよね。そして、父親のさみしさも想像することができました。私は、私が独身ならば面会は必要、再婚となった場合、どうすべきか…

私も母子家庭で育ちましたが、父親の顔すら知りません。事情が事情なので、これで良かったと思います。

脱線しました。

どんな事があっても子供の幸せを第一に考えて行動しなくてはと、気付くことができました。当たり前のことなのに、夫婦のゴタゴタでそこまで頭が働かなくなっていました。

こんな言い方もあれですが、引き続き、こちらの記事を読ませていただこうと思います。

今夜は頭に血が上っている事もあり、勢いで行動してしまいそうでした。

しかし、ケンカはそのうち忘れても、価値観のズレなど、離婚を考える事になった原因について向き合わなければ、幸せな生活は手にできないと思います。向き合えば向き合うほど、離婚の事もしばらく頭から離れそうにありません。

これから、人生の参考にさせてください。
今夜は本当にありがとうございました。

管理人の回答

ご丁寧にお礼のメッセージをいただき、本当にありがとうございます!

元々は僕が自分自身の心を整理することを目的に本サイトの更新を始めたのですが、このような形でお役に立てたこと、本当に嬉しく思います。

このサイトはおかげさまでアクセス数が伸び、日々離婚に関する悩み相談が寄せられるようになりましたが、僕は安易に離婚はオススメしていません。僕が伝えたかったのは『子供のことを一番に考えて欲しい』『子供に会えなくなった親は、子供のことを忘れるわけはなく、いつも子供のことを考えて苦しい思いをしているよ』ということなので、このメッセージを受け止めていただき本当に嬉しいです。

引き続きサイトの更新を続けて参りますので、ご愛読よろしくお願いします。

マナブ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)