男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

【相談】子持ちで離婚する際の話し合いの進め方についてアドバイスをください。

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

ご相談者:20代後半男性

年齢が近く今離婚を考えているので、相談のメールをさせていただきました。
相談というよりは、本当は聞いて欲しいだけなのかとしれません。

離婚の経緯を読ませていただき、かなり似ているように感じました。

私は24歳で結婚し、現在子供二人(4歳、2歳、両方男の子)
がおり、26の時にマンションを購入しています。

二人目が生まれてから、出世もし環境もかわりそれでも頑張って生きてきましたが、嫁さんとだんだん気持ちのめんでズレが出てくるようになってきました。

世に言う性格の不一致というやつでしょうか。
相手の理想の旦那を演じることに疲れてきたという感じでしょうか。
嫁さんへの好きという感情がもうありません。

何度も努力しました。

子供はかわいい。

幼稚園にも慣れたところ。

この子たちの笑顔は消したくない。

でも、このまま我慢して自分を殺して生き続けたくはない。

家のローン、養育費、苦労は目に見えてる。

子供が生まれた時の写真、結婚式の写真…見ながら気持ちが戻らないか努力しましたが、戻らず、

ごめんなぁという気持ちで、写真を見ながら泣いてしまいます…。

苦しいです。

おそらく離婚の話をすることになると思います。

当事者でまず話し合って、それから親を交えて話し合って…家をどうするか話して、自分の新居を決めて…だいたいそんなふうに進んでいくのでしょうか?

離婚はややこしい、パワーがいるとすごく聞きますので、はじめの部分で何かアドバイス等あればよろしくお願いいたします。

管理人の回答

この度は辛いお悩みを勇気を持ってご記載いただきありがとうございました。
ご自身の年齢、お子様の年齢、家族のために若くして住宅を購入されたご経験、栄転後に離婚話が出たことなど僕ととても似ていますので、他人ごととは思えません。

いただいたコメントだけでは、離婚を考えるきっかけや奥様と不一致の理由が分からないので何とも言えないのですが、子供と離れることは相当辛く、またきちんと養育費を払っていても、離婚前に面会について取り決めをしていても離婚後は子供と会えなくなる(元妻が理由をつけて会わせない)ケースがとても多いことを覚悟する必要があります。

それでも尚、離婚せざるを得ない理由(僕の場合は妻が精神疾患で子供の前でも僕に怒り狂い、子供が怯え、成長に悪影響が出る。僕自身もストレスで全身じんましんができたなど)がある場合には、別居によるクールダウン期間を経て、それでもどうしてもその理由が解消されない場合に、はじめて離婚の話しあいに入ることになると思います。

2人で離婚の意志を確認し、両親に伝え、その後条件の交渉に入ります。
相手がまともに話し合いができる状態かどうかにもよりますが、離婚条件には世間の相場がありますので、お互いの年収を比較し相場表から養育費額を割り出す、面会について定める、住宅の所有者とローン債務者を変更するかを決め手続きをする、共通の貯金について配分をどうするか決める、といった流れになります。

個人的には離婚条件を考える前に、離婚事由について見つめ直し、子供のことを第一に考えたうえでの決断をしていただきたいと願っております。

正しい答えの出ない離婚の悩みについてずっと考えている時期は非常に心身ともに疲れやすくなりますので、どうかお体を大切になさって下さい。

当サイトで他の方の事例やお悩みなどをご参照いただき、参考にしていただけますと幸いです。

マナブ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)