男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

離婚協議書がないために子供会えない!(29歳で離婚)

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

※この記事は20代で離婚経験のある男性に寄稿して頂いた記事です。

私が元妻と知り合ったのは、20歳のころでバイト先で知り合いました。
その時の印象としてはちょっとヤンキーな感じもする人だなというのが第一印象だったと思います。
(この時に、やめておけば良かったでです。)

付き合いはじめて、私が就職をして家を出ることになり自然な形で同棲が始まりました。
そして、相手方の両親にもせかされるような形でなし崩し的に結婚。。。22歳でした。

本当にバカでした。もっとちゃんと人生を考えておけば。。。

結婚した当時は、まだまだラブラブでしたので家事が得意でない元妻のために
食器洗い器を買ったりと、贅沢をしていました。

しかし、子供が出来てからというもの掃除を全くしなくなり、
休みの日に半日お皿洗いを私がするなんてことは、日常茶飯事になっていました。
しかも、床も油まみれの家で休まる場所ではありませんでした。
私ももっと家事を積極的に参加すれば良かったと今では反省します。
しかし、その時は仕事が忙しく、お休みの日も仕事をするような状態だったので、
休みの日に半日ひたすらお皿洗いをするのは、非常に苦痛でした。

もう、いつ食べたのか分からないお皿が置いてあり、本当にえずきながらの皿洗い。。。
今思い出してもぞっとします。
喧嘩も毎日のようにするようになり、会話もなくなっていきました。

その時は、突然やってきました。元嫁から離婚を切り出されました。
毎日の喧嘩が子供のためにならないことなどを言われました。
私も、もう疲れ果てていましたので承諾しました。
しかし、その時に勢いで二人で養育費や面会の条件を決めただけで終わってしまいました。
これは、後々非常に後悔することになります。29歳のことでした。

その後、家を出て1人ぐらしを始めましたがそれはそれは快適そのものでした。
家事は自分の好きなようにきれいにできますし、何の問題もありませんでした。
何よりも自由でした。

しかし、この時に、今できている家事を結婚しているときにやれば
結果も少し異なっていたのかなーなんて考えながらもモヤモヤもしました。
孤独感も感じることもありました。
なんと言っても、家に帰っても電気もついていないし、話相手がないのもつらかったです。

逆に自由で、いつでも飲みに行けますしキレイに家をすることもできましたので
本当に快適そのものでした。
精神的にもすごく追い詰められていましたが、
なんとか普通の精神状態に戻ることができました。

29歳で離婚して、後悔することと良かったと思えることがいろいろあり
良かったのか悪かったのかは微妙なところです。

最大の後悔は、子供に会えないことです。
なんと元嫁は離婚後に、遠いところに引越してしまいました。
離婚の時にきちんと法的に拘束力のある文書に、
面会のことを書かなかったことを心底後悔しました。
本当にバカでした。

しかし、元嫁との生活から開放されて体重も戻り、
この点は本当に良かったと思います。
離婚するときには、どんなに円満であっても離婚協議書をきちんと作ることをおすすめします。
あとで後悔しないためにも。
女性は、別れてしまえば本当にびっくりするぐらいにドライになりますので、注意です!!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

スポンサードリンク

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)