男の離婚体験談.com|後悔しない決断をするために知っておくべきこと

*

離婚の仕方3種類と弁護士相談の費用(協議離婚書編)

<特集>将来離婚するかもしれない?弁護士保険で今のうちに備えましょう→

「離婚は結婚の3倍大変」とよく聞きますが、

離婚の苦しみは大きく分けて3種類あります。

一つ目は離婚を決意する苦しみ。
二つ目は離婚を決意してから離婚の手続きをし終えるまでの苦しみ。
三つ目は離婚後の苦しみ。

一つ目は前回、「離婚を決意した時」の回で述べましたので、
今回は二つ目の離婚手続きについて、僕のケースを説明したいと思います。

離婚の手続き3種類

離婚手続きには、

(1)協議離婚
(2)離婚調停
(3)裁判

の3種類の離婚の仕方があり、
簡単に言うとこれから離婚する夫婦が
離婚条件(養育費、財産分与、慰謝料、親権者・監護者、面接交渉など)を決める上で、
どれだけ揉めているかの度合いの強さによって、どの方法で離婚条件を決めるかが決まります。

日本では約90%が協議離婚、約9%が離婚調停、約1%が裁判による離婚とのデータがあります。

(1)の協議離婚は文字通り、夫婦同士の協議(話し合い)により、
離婚条件を決める方法です。

(2)の離婚調停は、離婚の話し合いがまとまらない場合に、
家庭裁判所に離婚調停の申し立てを行い、条件を整理してもらう方法です。

ただし、離婚調停には裁判のような強制力がないため、
最終的に夫婦の合意がなければ離婚は成立しません。

[離婚調停調停についての参考記事(別サイト):離婚調停とは?手続の流れ
ですので、離婚調停において相手方が離婚に応じない場合にはじめて強制力のある
(3)裁判で争うこととなります。

僕の場合は、苦労はしたものの、主要条件については、
双方の話し合いによって合意でき、協議離婚となりましたので、
今回は僕のケースについて紹介させていただきます。

知り合いに聞いた調停離婚の話

離婚調停
ちなみに僕の知人で調停離婚をした方の話を聞いたところ、
その方の場合は、奥さんが子供を連れて地方の実家に帰ってしまい、
協議が出来ない状況であったため、調停にて条件を協議したとのことでした。
久々に会った奥さんは別人のような冷たい顔で、目も合わさず、
自分の条件を主張すること以外、一切会話をしない状況だったとのことでした。

裁判の場合はもっとひどい状況なのだと思います。
これが離婚手続きの苦しみなのです。

協議離婚において弁護士からアドバイスされたこと

さて、僕が弁護士からのアドバイスをうけ協議離婚において最も気をつけていたことは、
離婚手続きが苦しいからといって焦って離婚届に印鑑を押さないことでした。
その一番の理由は、別居中の妻が子供と住んでおり、
安易に離婚することで、離婚後に子供と会えなくなるのを恐れたからです。

離婚後の子供との面会状況については別の回で述べますが、
少なくとも、法的に有効な書面を準備し、
子供との面会権を正当に取得するのが、僕にとって一番大切でした。

この法的に有効な書面が、「公正証書化された離婚協議書」です。
離婚の仕方(協議離婚)

離婚協議書とは

協議離婚の場合、養育費、財産分与、慰謝料、親権者・監護者、面接交渉などの
各種条件を離婚協議書という契約書に明記し、その離婚協議書を公証役場に申請し、
公正証書化することが一般的です。

僕の場合、仕事で契約書を作成し、会社の法務部門のチェックを受けたうえで、
契約を締結(調印)する作業をよくやっていましたので、
離婚協議書作成の際も同じプロセスを経ることにしました。

まずインターネットの複数の離婚サイトから、離婚協議書のひな形をダウンロードし、
名前や金額、条件を書き換えることで自分で離婚協議書を作成しました。

そのうえで、弁護士にその離婚協議書を見せながら、
書きぶりや条件について相談をし、
元妻にメールで送ってやりとりをしたうえで、
条件を確定させました。

法律の素人が作った離婚協議書では、
その後の長い人生にとって不当な不利益を可能性がありますので、
専門家のチェックは不可欠であると思います。

とはいえ、離婚後の生活のことを考えると、
費用も最低限に抑えたいところですので、
僕の場合は、離婚協議書の案を作るところまでは自分でやり、
そのチェックを弁護士に依頼しました。

2回の弁護士相談でかかった費用と相談内容

離婚 弁護士 費用
離婚の手続きに入る上で気になる弁護士相談の費用ですが、
私の場合、主に離婚協議書のチェックを
30分約5000円の相談を2回お願いしましたので、
かかった費用は約1万円でした。

※相場も大体30分5000円~10000円ぐらいです。

1目は元妻に見せる前の初案の段階、
2回目は初案を元妻に見せた後の妻のコメントに対する相談でした。

それぞれ過去の判例を含めた一般的な離婚のケースにおける条件をベースに
契約書の書き方や、元妻との交渉における現実的な落とし所について
アドバイスいただけたので、相談に行ってよかったと思います。

離婚後1年半経った今も、弁護士チェックを受け、
公正証書化された離婚協議書が手元にあることで、
元妻から受ける様々なリスクについては、
法により最小限に抑えられるだろうという安心感があります。

調停や、裁判の場合はもちろんですが、
協議離婚をする場合でも、弁護士への相談を複数回することを強くオススメします。

弁護士はインターネットで調べました

協議離婚における弁護士相談の費用
弁護士選びも難しいと思いますが、
僕の場合はインターネットで調べたところ、
たまたま同郷かつ同じ大学の先輩である方で離婚問題を得意とする弁護士が
見つかったので、その方にお願いしました。

離婚裁判に詳しく、親身になって相談に乗ってくれる方でしたので、
孤独な戦いの中、とても安心できたのを鮮明に覚えています。

最近では弁護士への離婚相談のハードルも下がり、
初回のみ無料で相談してもらえる弁護士さんも増えてきていますので、
もっと安く済ませることも可能だと思いますが、
いくら無料だからといって、下手な相談の仕方をすれば、
無駄に相談時間がかさみ、
結果的に必要以上に相談費用がかかることになりますので、
できるだけ事前の準備を行った上で相談に挑んでください。

離婚手続きについては詳細に書くことで皆様の参考になると思いますので、
今回はこの辺にしておきます。

次回は離婚協議書の書き方について具体的に紹介したいと思います。
その後、公正証書化の手続き方法や、離婚届の提出時のお話など、
順を追って書いて行きたいと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

【追記】
離婚後にたまたま「弁護士保険」という保険を見つけ、加入しました。
このサービスは将来離婚するかもしれないあなたに、否、離婚トラブル以外もいつ起こってもおかしくない様々なトラブルにいつ巻き込まれるかわからない全ての方に有益なものだと思います。
僕が離婚後でも弁護士保険に加入した理由とお薦めしたい理由をこちらのページに書きました。

【次ページ】離婚成立までの期間と成立した瞬間

この記事を見た人はこんな記事も見ています

離婚時・離婚後のトラブルの備えに弁護士保険のススメ

sewafwa

<管理人の離婚体験談目次>

元妻との出会いと結婚

結婚生活後のすれ違い

離婚を決めた理由

離婚の手続き

離婚当日とその後

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]
[icon image=”check-b-b”]弁護士に依頼することがマイナスに作用する場合がある

私はたまたま弁護士には恵まれましたが、
だからと言って担当の弁護士さんにおんぶに抱っこで身を任せていたわけではありません。

事前に自分で離婚問題に対する知識を徹底的に頭に叩き込んだ上で
方向性を決めてから相談に挑みました。

実際に離婚協議書の土台も自分で作りました。

理由としては、上述のようにできるだけ相談費用を抑えたかったことと、
弁護士を依頼することが逆にマイナスに作用する可能性があることを知っていたからです。

離婚の悩み=弁護士に相談すれば安心、というイメージの方は多いと思いますが、
実は、すでにあなたが絶対に譲れない条件があればあるほど、
望むようなアドバイスがもらえない可能性も出てくるのです。

というのも、弁護士の立場としては、
離婚問題の解決とは、あなたの望むことをできるだけ叶えることではなく、
お互いの妥協点を見つけることだからです。

さらには、あなたが

「離婚せずに解決できるのであれば、それに越したことはない」

という思いが少しでもあるようであればなおさらです。

きちんと「円満に離婚する知識」と「離婚を回避する知識」の両方のノウハウを
持ち合わせない上で安易に弁護士に相談すると、
本当は離婚せずに済むケースであるにも関わらず、
あなたの「絶対に譲れない条件」を叶えるために
離婚せざるを得ない状況になることもあるのです。

あくまで弁護士というは離婚の悩みを解決してくれる方法を尋ねる相談相手というよりは、
法に関する手続きに入った段階で相談・頼るべき相手というのが僕の考え方です。

あなたも無防備に弁護士に相談する前に読むべきこのマニュアルを読み、
離婚問題に関する全体的な知識をつけた上で、
自分の本心と状況にあったベストな行動を考えてみてはいかがでしょうか。
[/colored_bg]

スポンサードリンク

Comment

※コメントは承認制です。管理人以外の体験談の記事に対する人格否定のようなコメントは承認しませんので、予めご了承ください。また、現在多忙につきコメントへの返信はしておりませんので、ご了承ください。(コメントには全て目を通しております。)
  1. エネ より:

    ありがとうございました。

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)